HOME > 業務内容:ガラス修理・交換

業務内容

業務内容のカテゴリーを選んでください。

ガラス修理・交換

ガラスの修理、迅速に対応いたします!

ガラスが割れてしまった、ガラスにヒビが入ってしまった!など、お困りのお客様の元に当社スタッフが駆けつけます。
ガラスの専門スタッフが乗っている作業車には常時さまざまな種類のガラスが積まれていますので、
最短即日で元通りのガラスに交換することが出来ます。

また、断熱や結露防止のためのペアガラスや、省エネが出来るエコガラス、防犯対策をお考えの方には防犯ガラスなど、
お客様のご希望をお聞きしてぴったりのガラスを取り付けることも可能です。
当社自慢の豊富な知識を持ったガラス専門のスタッフがお伺いしますので、ご不安なことがあれば何でもお知らせください。
お客様に安心していただけるサービスをお届けいたします。

代表的なガラスの種類について

透明ガラス
透明ガラスとは、一番よく見かけるタイプの一般的なガラスです。フロートガラスともいいます。
透明ガラスといっても、一枚だけ見れば透明に見えますが、重ねたり、厚みのあるものを見ると緑色に見えます。

強化ガラス、防音ガラスなども、この透明ガラスを加工して製作されます。
ガラスの中でももっとも加工しやすい種類です。



型板ガラス
ロールアウト製法によってガラスの片面に型模様をつけたガラスです。
光を通しながら視線を遮りますが、日射透過率などは表面がフラットのガラスとあまり変わりません。

室内の間仕切り、窓、玄関、浴室、など身近なところによく使われています。


すり板ガラス
透明なガラスの片面を金剛砂と金属ブラシで不透明に加工した板ガラスです。

視線をさえぎりながら、やわらかい光を均一に取り入れます。

ガラス表面に細かい傷をつけたガラスがすりガラスになります。



網入りガラス
網入りガラスとは、ガラスに金網(ワイヤー)を封入したガラスで、火災時のガラスの飛散防止
を目的としたガ網入りガラスラスです。他にも、線入りガラス、ワイヤー入りガラス、防火設備用ガラスとも言われています。

ヒシワイヤとクロスワイヤは火炎で破損した場合でも、中に封入されている網によって破片を支えます。
建設省告示1360号に規定される防火設備用ガラスとして、延焼の恐れのある場所に利用されています。

ガラス修理の流れ

■まずはご連絡ください。
トラブル内容などをお聞きし、お客様の元にお伺い出来る時間を確認いたします。


■駆けつけ
ガラスの専門スタッフがお客様の元へ駆けつけます。


■作業開始
作業内容やお見積り内容をご説明し、ご納得いただいてから作業をさせていただきます。


■お会計
迅速・丁寧にガラスのトラブルを解決後、お支払いをお願いいたします。
(特殊なガラスで発注になる場合は、ガラスの仮付けもいたします。ご相談ください。)

前のページに戻る
ページの先頭へ